スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~・・・

アメトーーーク面白かったな~♪
この前の『すべらない・・・』も面白かったけど、こういうの見るとかなり気分転換になります
もちろん、好き嫌いもあるんでしょうけど…。

芸人さんの何が凄いって、自分の不幸話も面白話に変えてしまう巧みな話術ですね!!
昔の自分のこと振り返って、笑いのネタにするなんて素晴らしいじゃないですか~~!!!

これをまぁ、無理やり自分に置き換えたとすると、いつか『こういう時期もあったな~(しみじみ)…』って思える日が来るんじゃないかと思えてくるんですよ
そんで、ちょっと大きくなった甥っ子や姪っ子に言ってやるの。

あんたら、人が痛いっつってんのにお構いなくタックルしてくるは、抱っこはせがむは… ・・・でもね、甘えてくれるのは嬉しかったし、めっさ可愛かったよ
…って(笑)
早くそういう日が来るといいな~~♪

反抗期とかなっても『誰があんたのオムツ替えてたと思ってんの!!!』って逆ギレしてみたいです(笑)
あ、それ以前に自分が生まねば!!
スポンサーサイト

theme : アメトーーク
genre : テレビ・ラジオ

再・血液検査の結果

昨日は、前回の診察のときに採血した結果を教えていただくことになっていました。
ちょっぴりドキドキしながら診察室へ…。

軽く世間話してからさっそく本題突入です。
「え~、血液検査の結果ですが~(ペラペラ用紙をめくる)…やっぱり抗セントロメア抗体がプラスで、人の2倍近い数値が出てましたね。コレで何が疑われるかといいますと、肝臓か皮膚の疾患なんですが、あなたの場合、肝臓ではないみたいなんですよ。ちょっと診せて下さい」

 (腕や足の皮膚をチョイチョイ引っ張る)

「やっぱり一番疑われるのは『全身性強皮症』ですね。でもあなたの場合まだ全身には広がってません。こういうのを『限局型』っていうんですけど、今のところ腕やお腹部分に症状が出ていますね。同じ年頃の方に比べて皮膚が引っ張りにくいし、カサカサしてるんですよ。これなら線維筋痛症と合併しててもおかしくないんで。」

――――カサカサ・・・悲しい響き・・・(泣)

「・・・の割に・・・この手。汗やっぱり凄いですね~。脇とかも汗かきます?」
「かきます~」
「こういうの、精神的発汗っていうんですけど、やっぱり凄い緊張状態にあるんですよね~;う~~ん・・・。例えば性格的に、人と話すとき緊張するとか、動悸が酷いとか・・・そういう感じですか?」
「いえ・・・全然・・・;あんまり人見知りもしないですし・・・;」
「ん~・・・皮膚はカサカサしてるのに、手は汗で濡れてる・・・。難しいなぁ~・・・。多分、意識下の中で常に筋肉が緊張してるんですよね~。きっと性格上、無意識のうちに甘えられなかったりするのかもしれないですね~。ちょっとお腹も見せてくださいね」

 (お腹を数点、軽く押される)

「力・・・抜いてるんですよねぇ・・・;ガチガチ・・・。」
「力抜いてるつもりなんですけど…;自分じゃよく分からないんですよ~;人のお腹と触り比べたこともないですし~;」
「だよねぇ(笑)お腹触りっこなんてしないですもんね~(笑)や、でもこれガチガチ(笑)だから、あなたには是非セルフマネージメントプログラム受けてもらいたいんですよね~。本部に電話してみました?」
「はい、そしたらホームページから確認して欲しいと言われたんで、HPでチェックしてみたんですけど・・・遠いんですよ・・・次が天草とか・・・;自力で行くしかないんで、そうなると熊本市内までがやっとなんです…;」
「今は郡部がドンドン手を挙げてきてるんで、なかなか熊本市内では行われないんですよね~。やっぱり難病支援センターくらいの距離がいいですよね~・・・。よし、Yさんという方、ご存知ですか?」
「Yさん・・・いいえ」
「この方、熊本でリーダーしてらっしゃるんですよ。その方に電話して相談してみて下さい。凄く話を聞いてくださる方なんで、分かってもらえると思いますよ^^」

そこでYさんの連絡先を教えて頂きました♪

結局のところ、線維筋痛症に加えて強皮症が疑われてるらしいです。
血液検査の結果の数値では結構症状が出ていないといけないはずなのに、今のトコロ局地的なのが気になるらしいんで、暫くちょっと様子見が続くみたいです。

最後に先生が『まだ若いですし、これから結婚も妊娠も出産も出来ますよ。普通の人と何ら変わらない人生送れるようになります!!ただ、セルフマネージメントだけは自分で申し込んでくださいね(笑)それ以外は全部こっちがどうにかしてあげます!!!」
と力強いお言葉をかけて下さり、またまたホロリ…。
イカンイカン…!!
気弱になってしまう…!!


とにかく、すっごく簡単に病状説明するとすれば
『カサカサ・ビショビショ・ガッチガチ』!!

[線維筋痛症] ブログ村キーワード
にほんブログ村 病気ブログへ

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

得たものも多い

線維筋痛症という、何だかよく分からん病気になってしまったことはもう仕方ないことで、こればっかりは頑張っていくしかないんですが、決して悪いことだけじゃないのも事実なんですね

確かに身体は常に痛みますし思うように動かせないことに苛立つこともあります。
そういうの、ないわけないじゃん!!
でもでも、得たもの絶対多いんですよ。

まず、単純にモノの考え方が変わりました。
例えばですけど、レストランに行ったとして、隣の席で誰かがテーブルに肘を突いて食事をしていたのを見かけたとします。
・・・どう思います?
多くの方は『行儀悪いな~』と思うかもしれません。
私も以前だったらそう思っていました。
でも、病気になってからだと『もしかしたら、どこか身体の調子が悪いのかも・・・』と思うようになってきたんです。
というのも、実際自分がそうだから

車に乗るときもシートベルトが辛いし、どうしても肘を突かないと身体が支えられない時も、足を立てないと辛い時もあり、『きっと周りの人は凄く行儀の悪い女だ・・・って思ってるよなぁ…;』って思うことはしょっちゅうなんですね;
だからこそ、どういう人見ても『もしかしたら』が浮かぶようになってきたんです。
それがいいか悪いかは判断に困るところではありますが・・・;

まぁ、これは極端な話なんですが、まさか自分がこういう病気になるとは思ってもいなかったので、今まで意識してなかった部分に目がいくようになってきたのは事実です。
他人事じゃなくなってきた・・・って感じですね。


次!!趣味が増えた~~!!
前もチョロっと書いたことあるんですが、『リアル絵』というジャンルに出会わせてくれたこと、素敵な絵師さん仲間と出会わせてくれたことには本当に感謝ですね!
こんなお絵描きサイトも一緒に作らせていただきました→『Rism Box
あ、あとこっちは私の趣味のお絵描きブログですw
興味のある方はこちらもどうぞよろしくお願いします(笑)→『Real Cafe Blog

それ以外にもパソコン、紙粘土、編み物etc…
これは今日出来たばかりの甥っ子の帽子です♪
haya.jpg
一緒にお散歩行ってきました♪
気に入ってくれてメチャ嬉しいです!!
こういう喜びも病気になったお陰ですよ!!
時間だけはイヤってほどあるので・・・^^;

こういう状況だからこそ気づけることも、出来ることもたくさんあるってことです!!
逆境こそ楽しむ道を探すべし!!

[線維筋痛症] ブログ村キーワード
にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ

theme : 小さな幸せ
genre : 心と身体

ケンシロウ・スペシャル

私にとって漢方は凄く合っていたと思います。
やっぱり少しずつでも緩和という点では効果的でした。

何より、先生がいつもゆっくり時間をかけて話を聞いて下さる上に、丁寧に説明して下さるのが本当に嬉しかったです。
それまでの先生方が、皆、事務的というか、あまり『治してあげよう』という気持ちが見られなかったので、対照的に漢方の先生の熱心さはビシビシ伝わってきました。

漢方の先生というのは本当に仙人のように思えることもあって、全然口にしなかった症状なんかも脈一つで見破られるんですよ!
だから誤魔化しが効かないというか、『これでどうもないわけないじゃない』と言って貰えるのが妙にありがたかったです。
やっと自分のことを信じてくれる先生に巡り合ったって感じでした。

薬はその都度処方していただいていたので、どんなものを飲んでいたのか具体的にはちょっと分かりかねるんですが、とにかく身体を温めるモノが多かったのは確かです。
ハッキリ分かっているものでは、『桂皮』『甘草』『生姜』『人参』等ですね^^結構辛味の強いものが入ってることもありました。

漢方の先生は途中で代替わりされて娘さんが継がれたんですが、この先生も凄く素敵な先生で、今現在は信頼しきっています^^
その時をきっかけにその漢方薬局さんが鍼治療も始められたので、私もそこで初めての鍼治療を受けることにしました。
鍼の方は、また違う男性の先生です。

『鍼を刺す』という響きがどうしても痛そうなイメージがあったんですが、実際に受けてみると、『え!?今刺しました!?』ってくらい殆ど感じません。
それに面白い!!
どういうことかといいますと、まず私の足って異常に冷えてるんですね。
氷みたいに。
なのに、先生があるところにプスっと鍼を刺すとじ~んわり温まってくるんですよ!
手にもじ~んわり汗をかいてきます。
かと思えば、またあるツボで汗がピタっと止まったりして、自分の身体を他の人に自在に操つられてるみたいで何とも言えない妙な感覚になるんですよ~!
単純に『おぉ~!すげェ~!!』ってなる訳です(笑)

一度、左肘のツボをチェックされていた時、「もしかして、耳の調子悪くないですか?」と言われた時はビックリしました。
前日に耳に水が溜まって耳鼻科に行ってきたばっかりだったんですよ。
それで「どうして分かったんですか!!?」と聞くと「や~、耳のツボここなんですよ。で、ここが様子おかしいから、耳がおかしいな~って分かるんです」と、アッサリ。
・・・エスパーかと思ったYO!!
いや~、凄いです!ツボってホント馬鹿に出来ない!
ケンシロウじゃないですけど、秘孔の一つや二つ、ご存知なんじゃないかと思うくらいです。

で、実際の効果はどんな感じかといいますと、ぽかぽかしてきて、明らかに血行はよくなります。
それに引き攣るような痛みが和らぎますし、若干ですが、身体も動かしやすくなります。
漢方と鍼のスペシャル・コラボのお陰で、ゆっくりですが、身体が動かせるようになって、ちゃんとした代謝が行われるようになってきたと思います(それまで代謝がヤバかったので;)。
もちろんメインではありませんが、こういう治療も併せていくと、割と効果的です♪

[線維筋痛症] ブログ村キーワード[漢方薬] ブログ村キーワード

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

ぶっちゃけ…

愚痴はあまり言わない方だと思うんですが、
たまにはやっぱりめげそうになるときありますぅ~…。

今日がそんな感じ…;
外走り回ってる小学生見てたら泣きたくなってきました
めげたところでどうしようもないのは重々分かってるんですが、やっぱ心折れそうな日もあるって話ですよ。
そういう時は我慢しても無駄なんでトコトン凹むことにしてます。

はぁぁぁあぁぁあぁあぁぁぁああぁあぁ~~~・・・
・・・いいなぁ、チクショー・・・!!ちょっと前までは私も走ってたのに・・・。


まぁ、でも明日は久し振りにお友だち~sとご飯食べに行くんで、思いっきり気分転換して来ま~す!!
たまには飲みまくってやる!!!!


[線維筋痛症] ブログ村キーワード

theme : 心の持ち方
genre : 心と身体

おウチでリハビリ

発症から2年目は、とにかく漢方に絞ってゆっくりでも治療を進めていくことにしていました。
痛みそのものに対してはそれほど効果があった訳ではないんですが、身体の代謝がよくなったことや、筋肉が動かしやすくなったのは確かです。
最初の頃は本当にロボットみたいだったのに、薬を飲み続けるうちに筋肉も柔らかくなってきたように思います。

それと併せて、リハビリ開始です。

一度、最初にかかった整形外科病院にリハビリ施設を使えないかと相談したことがあるんですが、医療法の改正か何かで『正式な病名のない人間』等は施設を使えないと断られたんです。
おまけにリハビリ施設というのはまずは深刻な怪我や病気のお年寄りが優先されます。検査で異常のない若い方は使わせられませんと言われました。
…それ…どうなの?
確かに人数制限とかもあるのかもしれませんけど、それじゃぁ、どんなに痛くても検査に引っかからなければ健康扱いなのか・と。
今なら『線維筋痛症=検査に異常が見られない病気』ということは分かってますけど、その頃はそんな病気の存在すら知らないし、そんなこと言われたら、もうどうしようもない訳です。
挙句、「リハビリする必要性あるんですか?」とキタんですよ;
え~・・・一回診て貰った事あるんだからそれくらい判断出来るでしょうよ…;
・・・これでますます大きい病院が信用できなくなりました

それで仕方なく自宅リハビリです。
●手のひらサイズのゴムボールをニギニギ…
●お風呂の中でストレッチ
●調子のいい日はお散歩or自転車コギコギ…
それからインターネットでステッパーといものを購入しました。
コレ↓ですね。
CASNJG7V.jpg
時間や回数等が表示されるヤツで、高さの設定を一番低くしてひたすら踏むのみ!!
コレよかったです
室内で自由な時間で出来ますし、無理しないでいいですし。
散歩より負担はかからないと思います。

あとは出来るだけ手を動かすようにしてました。
編み物したり、日記を付けてみたり、アクセサリー作ってみたり…。
もともとこういう作業が好きだったのもあるんですが、結構効果的だったと思います。
熱中すると嫌なこと考えなくて済みますし^^
いや~短期間で上達しましたよ~(笑)
お陰で趣味も増えました♪

もちろん、これはあくまで私がしてきたことで全ての方に合うかどうかは分かりませんが、これらのお陰で随分筋力は上がっていきました。
痛みは残りますが、普段寝たきり状態の方や、筋肉がこわばってしまってる方には少しでも日常生活をスムーズにするのに効果的だと思います。
実際これで随分歩けるようになりましたし、ちょっとした動作でも人に頼らなくても済むようになってきました。
それだけでも気分的に随分楽です。

線維筋痛症の症状はそれこそ色々ありますが、努力次第では一つか二つは自力で抑えられますよ~

湿病と経病

発症から1年ほど経ってから大学病院に行くのが嫌で嫌で、漢方薬局の方に行くようになったんですが、そのとき言われたのが『脈の複雑さ』でした。

私の脈は前も書いた通りかなりの天邪鬼さんだったんです。
それが『湿病』と『経病』というものです。
私も専門的なことは詳しく分からないのですが、その当時先生が説明して下さった話によると、

『湿病』…体の中の水分がうまくさばけない為、筋肉や神経を圧迫する
『経病』…本来血液中や、筋肉などに潤いを与えるための水分が不足して痛みを出す

・・・って感じみたいです。
それが私の中で混在していたらしいんですね。
治療法として、普通『湿病』は温めるのに対し、『経病』は冷やすという方法になる為、同時に治すことは出来ず、まずはちょっと深刻な『湿病』の方から治療していこうということになりました。
とにかく温める!温める!

そこはその都度先生が調合して下さる漢方薬局なんですが、その頃の薬はシナモンとか入ってたみたいです。
確かに飲むとぽっかぽか♪

飲み続けていくうちに、全然かかなかった汗をかくようになってきました。
それと、胃のチャポチャポ感がなくなっていったんです。
少しずつでも身体が正常化していくのを感じるのは楽しかったですね~^^


ようやく前進し始めた頃の話です♪

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

これ、イイ!(^^)b

寝るとき、パジャマのボタンがどうしても痛い。
皺がよるとその部分が痛い。
かと言って脱ぐと冷えて痛む…。

なのでユニクロでちょっと厚手のカットソー、買ってきました^^
レディースのXLサイズとメンズのMサイズ♪
でかめの方がゆったりして楽そうだったので

結論から言うと、かなりイイです
ゆったりしてるから身体を締め付けることもないし、ボタンがないので寝返り打ったときに当たって痛むこともありません。
もっと早めにこういうのにしとけばよかったな~と思います。
厚手なので1枚でも暖かいですしね^^


それから桂枝茯苓丸も変わらず飲み続けていますが、やっぱり痙攣には効いています。
それまでズルズル長期間続いていた月経も今月はスッキリしてますし、痛みも若干ですが和らいでいたように思います。
あと、これも痙攣がなくなってきたのと関係があるのかもしれませんが、常にガッチガチになっていた肩の凝りがかなり治まってる気がします。
カチカチだった肩の筋肉が触ると柔らかくなってるんです。

ただ、やっぱりコレ、痛みには殆ど効果なさげ・・・;
こればかりはまだまだどうしようもない状況ですね…;

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

THANK YOU!!

線維筋痛症と診断されてから約1ヶ月ほど経ちました。

今までは全く原因不明で全く治療らしい治療も行っていませんでしたし、ただ何となく筋トレしてみたり色んな病院回ってみたりしていたんですが、はっきりとした病名がついてからというもの自分も周りの人たちも急に一体となってる感じがします。

それまではお互いどうしていいのか分からない状況だったんですよね。
こちらとしては『痛い』と言えない状況だし、相手も『何が痛いのかわかんない』状況だし…。
でも『線維筋痛症とはこういう病気』というのが伝えられるようになってきたので、最近はかなり楽です。
インターネットで『線維筋痛症』で調べたら今は色んな情報や病症が出てくるので、皆がそれぞれ調べてくれてるみたいなんです。
そうして自分なりに調べた情報やデータを教えてくれたり、自分の仕事先のお医者様に相談してくれたりしてくれたT、お薬について色々調べて教えてくれたMちゃんにSちゃん、漢方について色々アドバイスしてくれたAちゃん、皆、本当に感謝です♪

また、パソコンを使うことが出来ない両親に頼まれて、色んな検索結果を印刷したものを見せたんですが、それもかなり効果があったみたいです。
多分、一番どうしていいのかわからなかったのは両親だったと思うんですよね。
なので、今は割とスムーズに話が進みます。
こういうときは痛む…というのがデータとして頭に入ったらしいので。
やっぱり一人でも病気のことを理解してくれる人を作るというのは本当に大事なことだと思います。
『どうせわかってくれないし・・・』じゃなく、『分かってもらう』べきなんです。

病名が付いたことでやっと理解してもらえるようになったんですが、それだけでも気持ちの持ち方が随分変わりました。
それで、今になって思いっきり言えます。

ごめん、みんな!今は甘えさせてもらいます
・・・あとで思いっきり恩返しさせてね♪

[線維筋痛症] ブログ村キーワード

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

う~・・・

何だろう…メチャクチャ気持ち悪いです…;

今日は何故かそんなに痛みとか酷かったわけじゃないんですが、何か一日中身体がぐるぐるしてる感じがします…。
丁度今日から月経が始まってしまったからかな~とも思うんですが、普段こういうことってあんまりないので…;

う~・・・気持ち悪…;

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

効いてる・効いてる!!

先日病院で出された薬は『桂枝茯苓丸・・・ケイヒブクリョウガン』という漢方薬でした。

4~5日続けていますが、お陰で妙な痙攣が殆どなくなっています。
皆さんもそうなのかどうかは知らないんですが、私の場合、身体中がやたらピクピクと痙攣していたんですね。
S先生によると、こういう風に痙攣するというのは筋肉の問題なのだそうです。
この前の血液検査の結果でも筋肉系がちょっと引っかかってたので、多分そういうことなのかと…。

この薬自体はそんなに筋肉をどうこうしようというモノではなさそうなんですが(参考URL…桂枝茯苓丸)、私の痙攣には絶大な効果があったみたいですね^^
また、この薬は冷え性や生理痛にも効果があるそうです。
でも私の冷え性は半端ではなく、電気アンカをしていても温まらないほどですので、こちらについては薬も負け気味…;
その代わり若干汗をかけるようになってきたかな~って感じはします
汗のかき方もちょっとおかしかったので・・・。
生理痛についてはまだ効果が分かってないんですが、コレもかなり酷くなっていたので効果があればいいな~と今から期待しています!!

何にせよ、少しずつでも効果があるのは嬉しいことですね^^
痙攣はホント、夜中でも襲ってきてて『またかよ~;』ってことはしょっちゅうだったので、それがなくなっただけでもかなり気分的に楽になってきました
何事も一歩ずつ!!

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

気分転換をしましょ~~♪

どうしても家から出にくくなるし、人に会う機会も減ってきたりして鬱々となってしまいがちなんですが、そういうときこそ意識して気分転換をするようにしています♪

私の場合、やっぱり一番の気分転換は趣味のお絵描き!!
集中してしまうと周りの音も聞こえなくなるタイプなので、実際、超・集中してる間は痛みすら忘れることもあるんです!!

それとたまにしか出来ないけど、友だちとご飯食べに行ったりする!!
ここで思いっきり話を聞いてもらいます♪
聞いてくれる友達がいて幸せです♪

あとは、毎日は駄目だけど、本気でダラダラしてみるのも大事かも…です。
天気のいいとき縁側で猫と陽気を浴びながら日向ぼっこなんて、自分でも『何てベタなことしてるんだろう…』と思うこともありますが、やる価値はあります!!
だって気持ちいいもん!!

日常に変化をつけるってのは大事だと思いますね♪
メリハリというか、今日はこれをする予定、明日はあれをしよう!って考えるだけでもプラスになると思います。

theme : 心と身体
genre : 心と身体

癒しの存在

発症から丁度1年ほど経った頃、待望の甥っ子が誕生しました!!
その可愛さといったらとても言葉では表現出来ないものです
この世にこんな可愛く思えるものが愛猫以外にいたのかと(笑)!!
そりゃ~もう、抱っこしてる時は痛みも忘れます♪
だってそんなの通り越してるもの(笑)

その1年半後には妹も生まれ、二人の子守りは正直大変でした;
一番目が離せない頃、姉が蓄膿症になって毎日病院通いしないといけなかったので、その度に預かっていたんですよ。
抱っこをせがまれるとやらずにはいられないし、ご飯も食べさせないといけないし、お風呂も私が入れてたし・・・。

ぶっちゃけてしまえば、死ぬほど痛い時もありました。
何故、親がいるのに親以上のことをしないといけないのかと思うこともしばしば。
夜中一人でベッドの中で転げまわってたのなんてしょっちゅうでした。

今になると分かるんですが、その頃、傍から見て私は『そんなに痛そうに見えなかった』らしいんです。
なので、家族全体に私には多少の痛みを我慢させてでも蓄膿症の姉の通院の方をプッシュしていた傾向があるんです。
姉自体が結構しょっちゅう身体壊してた人なので特にですね。

多分、線維筋痛症の人には覚えがあると思うんですけど、『人にはこの痛みが伝わらない』んですよ;
腫れてもいないし、見た目全然異常ないですし。
『痛い』と言っても『何それくらい』と言われることも多かったですし、それがイヤでますます言わなくなるという超・悪循環。

 なんだよ~。痛ぇよぅ・・・シクシク・・・

・・・で、ひたすら耐えるのみ!!

でもね、でもでも甥っ子も姪っ子もそれでも可愛くて仕方ないんですよ(笑)
だってその甲斐あってか、今や実の親より懐いてくれたんですもん♪
『パパ』『ママ』より先に、私の名前喋りましたからね(笑)

今はもう上の子も2歳半になって、だいぶ言葉も覚えてきましたけど相変わらず甘えん坊。
我が家は自営業を営んでいて、最近は姉が手伝いをしているものでほぼ毎日我が家に一緒に来ては遊びや抱っこをせがむんですが、『理解』というものをしてくれるようになってきたので『おばちゃんは今、イタイイタイなんだよ』と言うと我慢してくれるようになりました^^
おまけに『なぁな(私のこと)、イタイイタイの?』と手足をさすろうとしてくれるんです!!!!
ぐっは~~~~~!!萌え!!
痛いの吹っ飛ぶって話ですよ!!

実際一時期は情けないほど落ちまくった筋力が上がってきたのは、子守の影響もあるんじゃないかと思うんです。
イヤでも抱っこしたり、一緒にお散歩したり・・・。
リハビリですね。

それに何よりの癒しです。
あの子たちの喜ぶ顔見たら、どんなに痛くったって何とかしてやろうって気になるんですよ
あんまり辛い顔、小さい子に見せるわけにもいかないですし^^
何というか、落ち込む暇も与えてくれないですね
こんな存在があってよかったと心からそう思います♪

theme : 心と身体のケアを大切に!
genre : 心と身体

血液検査の結果は…

今日は線維筋通症と分かって以来、2回目の通院です。
前回他の病気を併発していないかどうか調べるために採血していたんですが、今日はその検査結果も教えていただくことになっていました。

診察室に呼ばれて椅子に座ると、早速この1ヶ月間のレポートを提出しました。
これも前回症例を診る為にどんな小さなことでも気が付いたら書いてくるように言われてたんです。
レポート見るなり、先生内容見るより先に、私の字を褒めて下さいました(笑)
嬉しいやら、気恥ずかしいやら///
・・・でも丁寧に書いていってよかった~♪

一通りレポートに目を通されると、やっぱり典型的な『線維筋痛症』の症状もバッチリ見られるとのこと。
これはどういうものかといいますと、私のレポートの中で例えると、

・お風呂上りに倦怠感
・服がこすれるだけで痛む
・自重で痛む
・通風に似た症状がある(エアコンの風で痛むとか…)

・・・といったものです。
普通の人は服の擦れぐらいじゃ痛くないですもんね;
夜寝るときのパジャマon毛布on布団の組み合わせは正直最悪です。
ぶっちゃけ、出来ればマッパで寝たい位です。

さらにレポートの内容は大きくいくつかのカテゴリーに分けることが出来るらしく、私の場合どうもその内容からしても私の場合筋肉がちょっと不安要素のようです。
ピクピク痙攣したり、歩き続けるたりすると腱にくる辺りがその傾向アリだそうで…。

実際血液検査の結果はどうだったかといいますと、普通の病院での一般的な血液検査内容であれば全く異常なしでした。
それこそ健康そのもの!!
・・・ですが、こちらのS先生はそれだけでは終わってなかったんですね~!
さらに検査を深いところまでやって下さってました。

すると、そこまで調べてようやく妙な数値が幾つか見付かったんだそうです。
色々説明して下さったんですが、気になる部分といったら普通の方の場合何か検査値に異常があった場合、平均値より高いことが多いのに、私の場合は平均値より低いものが多かったということでした。
それもちょっと先生は首を傾げていらっしゃいました;ハテナ??

それとはまた別に抗セントロメア抗体というものが逆に人の2倍の数値だったそうです。
これは皮膚か、肝臓のどちらかに何らかの注意点がある可能性があるらしいんです。
そうなったら、『線維筋痛症』と併発して何かの病気も見付かるかもしれないそうなんですが、どうもかなり難しい症状らしく、今度はその病気特定にも結構時間が掛かるかも・・・とは説明されました。
まぁ、もう待つのはね・・・慣れっこですよ(笑)♪

ただ、もしかしたら血液検査の数値エラーの可能性もあるとのことだったので、今日はその裏づけをするため、再採血もしてきました。
次回、結果がどうなるか次第でまた変わってくるかと思います。

今日の段階では漢方薬のみ処方でした。
筋肉のこわばりとか水分を出しやすくしてくれるお薬だそうで、今度はその薬の効果をレポートするようにとのこと(笑)
全部とは言わなくとも、どれかの症状には効くといいな~♪


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

シェーグレンって何じゃ?

この頃、大学病院では二回目の血液検査を行いました。
もう一回精密検査をするためです。
すると、『シェーグレン症候群』の可能性があると言われました。
『シェーグレン症候群』というのは口の中がやたら乾いたり関節が痛んだりする病気なのだそうです。
これは血液検査のナントカという数値がちょっとこれに引っ掛かり気味だったそうなんですね。

そのため暫く様子を見て、1ヵ月後にもう一度血液検査をしようということになったんです。
これが断定できればもう少し治療らしくなると言われたので、出来ればここで病名はっきりしないかな~とも思ってました。

・・・が!!
一ヵ月後、大学病院のU先生が凄く申し訳なさそうに『実は転院が決まってしまいまして…血液検査は次回からの引継ぎの先生にお願いしておきます』と言ってきたんです。
これはちょっとショックでした。
折角いい先生だったのに、また先生が変わるのか・・・。

それで次の診察の日、一体どんな先生なのか期待半分・不安半分で診察室へ。
最初のA先生や次のU先生より若干若い、H先生という方でした。
U先生からカルテが回ってきていたらしく、最初にカルテに目を通すとベッドに横になるよう言われました。
触診だったんですが、これが酷かった…;

「は~い、これ痛いですか~(トントン叩く)」
「・・・痛いです…」
「・・・じゃ~これ、痛いですか~(目いっぱい押す)」
「痛いです・・・;」
「え~?そんな力入れてないですけど~?これは~痛いですか~(腕をグリグリ回す)」
「痛いです
「・・・ふ~ん・・・」

何だコレ!!?眠いの!!?

それから沈黙(笑)
カルテに何かガリガリ書いてる間も一言もなしです。
ちょっと、何か説明は!?

挙句、「え~っと、実家○○町ですよね~。そこだったらT病院(U先生を紹介してくださった内科の病院)あるでしょ~。次からそこ入ってみたらどうです?僕、そこに紹介状書いてあげますから」

・・・はぁ!!?何言ってんの、この人!!?

「そこから紹介していただいてココ来てるんですけど
「ん~?あ、そうそう、そうみたいですね~。うん、でもね~、これ、異常ないし。そこなら家から近いからいつでも通えるでしょ」
「U先生、シェーグレン症候群の検査するって仰ってましたけど、血液検査もしないんですか!?」
「シェーグレン~?・・・シェーグレンねぇ~・・・確かに数値はそれっぽいんですけど~・・・。・・・しときます?

・・・て、何なん、この人!!!!!!!!!!!

これには本当に呆れました。
実際にこういうお医者がいるってことですよ。
帰ってこのこと報告すると、当たり前ですが両親も激怒です。憤怒です。
これが完全に大学病院行くのを止めた最終的なきっかけです。
もうこの先生に何言っても治療なんてしてくれそうにありませんしね;
超・面倒くさそうに「じゃ~採血しときましょうか~」って言われても、こちらとしてもめっちゃ腹立ってるのでブッチしました。

二度と来ません。さよ~なら~


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

漢方との出会い

U先生はとってもいい先生だったんですが、それでもその時は原因不明のため、治療らしい治療というのはなかったんですね。
相変わらず痛み止めと睡眠誘導剤だけ。

それじゃな~…何かプラスになることはないかな~・・・
と悩んでいると、母から母が昔通っていたことのある漢方薬局に行ってみないかと持ちかけられました。
結構有名な漢方薬局の先生で、昔ラジオなどでも漢方についてお話をなさってたこともある先生なのだそうです。

漢方というと、私の中では昔ジャッキー・チェンの映画でジャッキーの実家が漢方屋さんだったな~程度の認識しかなかったんですが、とにかくその時は何でも試してみたかったので行くことにしました
初めてだったので事前にそこに電話をかけたところ、すぐにでも来ていいよ~とのことで、その日の内にゴーです。

診察室に通されると、目の前にはマイク真木にちょっと似ている先生が座ってらっしゃいました。
勝手に仙人のような先生をイメージしていたので、意外なダンディっぷりにビックリです。
先生にはこうなっていった経路を出来るだけ詳しく説明しました。
先生はマメにメモをとりながらもかなり時間をかけてゆっくり話を聞いて下さいました。
合間に脈を診たり、ベッドに横になってお腹を触ったり…。
すると、『今、ものっ凄く緊張してる?』といきなり聞かれたんです。

全っ然。

基本的に自営業の家で育ってるんで、初対面の人と話したりすることに緊張するということがないんですよね。
何でそんなことを聞かれたのかといいますと、私の脈がとにかく速く、更にお腹の筋肉がガッチガチになっており、その状態=緊張状態なんだそうです。
でも、脈が速いのもお腹が硬いのも結構前から自覚症状があって全然気にしてませんでした。
その旨を伝えると、それがまず駄目なのだそう。
つまり無意識の中で身体が緊張状態のままになっていて、休まっていないんだそうです。
そんなこと言われても~って感じですが、実際そうらしいです;
困ったもんだ。

更に私の脈はちょっとクセが悪いらしく、普通こんだけ脈が速かったら冷えないはずなのに異常に冷え切ってるとのこと。
そうなると身体を温めようとしたら心臓に負担が掛かるし、脈を抑えようとしたら更に体が冷えちゃうんだそうです。
なんて天邪鬼な脈なんでしょ!!

でも、とにかくまずは冷えをどうにかしないといけないということで、少~しずつ温めていくことにしようということになりました。
初めて漢方薬というものを調合していただき、それ以来、自分で煎じて飲んでるんですが、劇的にではないものの私には確実に効果があったと思います。
半年ほど続けただけでも随分動けるようになってきたんです。
もちろん自宅リハビリも同時に行っていたんで、どれが一番効果的だったのかははっきりしませんが、少なくとも話を聞いてもらって毎回そのときの体調に合わせてお薬を調合していただけるのは本当にありがたいことでした。

大学病院のU先生と、漢方の先生、お二方とも本当に親身に話を聞いてくださる先生だったので、それだけでも精神的にかなり救われたような気がします。
やっぱり患者にとって先生っていうのはこうでなくっちゃイカンのよ!!

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

リンク
フリーエリア



edita.jp【エディタ】
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。